MAKOTO
INAJI 稲次 誠

稲次 誠
稲次 誠

プロフィール

稲次 誠 いなじ まこと

ニックネーム
いなちゃん
趣味
釣り 野球 DIY
今はまっていること
血液型
O型

略 歴

昭和47年
丹波市(旧氷上郡)生まれ
平成 2年
神戸製鋼所加古川製鉄所入社
平成18年
加古川市立神野所学校PTA役員
平成23年
加古川市立陵南中学校PTA役員

市会経歴

平成26年
第17期 加古川市議会議員選挙初当選
福祉、環境常任委員会委員
ウェルネス協会評議員
平成28年
福祉、環境常任委員会委員副委員長

都市計画審議会委員
平成30年
第18期 加古川市議会議員選挙当選

建設、経済常任委員会委員

都市計画審議会委員

加古川市テニス協会会長

市民の皆様へのメッセージ

平成26年の初当選から、1期4年間、多くの方々からご意見を頂き、市民のみなさまのご期待に応えるべく全力で取り組んで参りました。
 これまでも、これからも、まず私の信条は“笑顔”です。
これまでに家族、仲間、そして多くの市民のみなさまの笑顔に元気、勇気、癒しをいただいていることが私の活力となっています。まずは私自身が笑顔でいること。そして笑顔の輪をひろげ、「笑顔あふれるまち」を目指していきます。
そして私は市民と行政のパイプ役としてみなさま方と対話し、まずは以下の目標を掲げ、元気で活力のある加古川市、市民が誇れる、わがまち加古川市の創出を目指します。



稲次のモットー ⇒『笑顔あふれるまちづくり』
1.安全で安心して暮らせるまちを!
  市民一人ひとりが、安全で安心して暮らしていくためには、地震・台風・ゲリラ豪雨などの自然災害はもちろんのこと、日常生活における安全・安心の確保が課題です。行政、地域、市民が連携を図り、それぞれが機能し防犯・防災に優れるまちづくりに挑戦していきます。

 

 

 

 

2.市民参加型の魅力あふれるまちづくりを!

住みよいまち、誇りに思えるまちをつくるには、それぞれが連携プレーを取り、同じ目的に向かって走っていくことが必要です。市民と行政・企業とのパートナーシップを構築し、“みんなが主役”の魅力あるまちづくりに挑戦します。また、市民のみなさまの視点に立った市政を目指します。

 

 

 

 


3.次代へつなぐ子育て、人づくりを!

少子高齢化が進行する中で、安心して子育てできる環境づくりが課題です。子育てしやすく、未来を切り拓く子どもたちが健やかに成長することができる環境づくりを行い、「子どもを育てたくなるまち・加古川」を目指します。

ページの先頭へ